TOP > 旅行とおでかけ > 子連れで行くニューカレドニア~機内編~

旅行とおでかけ

子連れで行くニューカレドニア~機内編~

海外直輸入のかわいいベビー服がそろう「SugarBaby」を運営する吉田悠里さんが、お子さん(4歳&10歳の女の子)との海外旅行をレポート!

行き先は「天国に一番近い島」といわれるニューカレドニアです!


年末年始のご旅行を考えている方必見!
南太平洋の楽園ニューカレドニアは、南半球にあるので、これからの季節「夏」!
キラキラ光るエメラルドの海でマリンスポーツ、真っ白な砂浜でお砂遊び、サンセットを眺めながらのゆったり時間。
寒〜い冬の日本から離れ、天国に一番近い島「ニューカレドニア」でお子様とのんびりしませんか?

レポート第二弾は、出発の様子と、子連れの海外旅行を考える中で不安材料のトップ3に入る機内での対策についてです。


出発~機内編



とうとう、天国に一番近い島「ニューカレドニア」へ出発!

南半球にあるニューカレドには、今の季節は冬。
なので、エアチケットが意外にリーズナブルです。

-国際線 エアカラン(成田-メヌア)
¥275,960(家族4人分)

大人 ¥70,000+tax=¥78,260
子供¥52,500+tax=¥59,720



都内の自宅から成田までは、車で行ってニコニコパーキング(10日間¥4,980)に停めようと思っていたのですが、、、まさかの、出発2日前に車が故障→修理に。
電車で成田まで向かいました。

アクセス特急で東銀座-成田空港(1時間15分 ¥1,300)


次女は自分用の小さいスーツケースで機内へ。
お菓子とおもちゃがいっぱい入っています。

機内ではお子様用にワークブックセットもらいました。


機内食は2回。ランチはポークカツか、白身魚の照り焼きのようなもの。
お魚の方が美味しかったかな。ランディング前にも軽食が出ました。




まだまだ機内対策が必要な次女4歳。

子ども向けのテレビやゲームも充実しているとはいえ、
「イヤホンが取れたー」
「早く飛行機から出たーい」
と、何かとお騒がせ。


事前の機内対策としては、
-アマゾンプライムで好きな動画をダウンロードしておく
-塗り絵やワーク、折り紙など
-携帯ゲーム
-お菓子

機内のイヤホンは子どもの耳には大きくすぐ取れてしまうので、子ども用のヘッドホンがあると安心。今回、特に次女用に用意していなかったものの、長女のチャレンジタッチのヘッドホンを持ってきていたので大活躍でした。

エアカランの機内では、後方にカップラーメンが置いてあり、ちょっと小腹が空いた時に食べることができます。

ニューカレドニアには22:50に到着。

個人手配の場合、事前の送迎を予約はマストです。

送迎は、「Smith Voyage」に直接予約。ホテルの送迎を頼むと、3,000フラン/大人、1,500フラン/子供のところが多い中、「Smith Voyage」は2,500フラン/大人 1,000フラン/子供 なので、ちょっと節約できます。とはいえ、送迎代、なかなか高いです。。。

トンツゥータ空港から、市内のヌメア/アンスタばまで40分ぐらい。
料金は直接ドライバーにお支払いしないといけないので、空港で両替しておくといいですね。街に出ても、なかなか両替できるところが少ないので、空港での両替がオススメです。

***************************
こちらの旅は、シリーズに分けてご紹介します。
次はホテル編です♪
お楽しみに!

準備編はこちら>>

公開日:2017年10月02日

Navigator 吉田悠里

2006年長女の出産を期に海外のベビー服に目覚め、2008年輸入ベビー服のネットショップ「SugarBaby」をオープン。買い付けと家族旅行を兼ねて、度々海外へ。

←旅行とおでかけ のトップへ

そのほかの記事