TOP > 旅行とおでかけ > 【初島】熱海から25分!離島でスローな島時間

旅行とおでかけ

【初島】熱海から25分!離島でスローな島時間

初島は、熱海港から10㎞ほどの位置にあり、「首都圏からいちばん近い離島」と言われています。プールで遊び、ハンモックに揺られてのんびり過ごした1泊2日の滞在をレポートします。

アクセス/熱海港から高速船で25分!



まずは熱海港を目指します。
わが家は熱海駅まで電車で行き、港まではバスで移動(所用時間約15分)しました。
車で熱海港まで行き、滞在中は市営の駐車場に停めておくことも可能とのことです。

熱海港を出る初島行きの高速船は、1日に9便運航しています。
熱海の本土から近いだけあり、港から初島がくっきりみえるほどです。
出発後、たったの25分で初島に到着します。


「船に乗る!」それだけで子どもは大興奮!



熱海港からの高速船に、小学生の息子は大喜び。目的地の初島がどんどん近づいていくことにも興奮したようです。


▲初島は港から見えているこの島。小学生の息子は「船に乗ってあそこに行くんだ!」と、わくわくしていました。


ほどなくして初島に到着!島の玄関口には、食堂が並んでいます。


さっそく、島自慢の鮮魚料理をいただきました。


▲2日の滞在のうち、1日目の昼食と2日目の夕方の食事は港近くの食堂で。

食堂街には十数件の食堂があり、主に漁師さんの家族が経営しているのだとか。
獲れたての魚介類を使った丼物や定食のほか、ところてんや海苔らーめんも絶品でした!

初島アイランドリゾートへ徒歩移動



食後は、滞在先である「初島アイランドリゾート」へ徒歩で移動。
初島の周囲は約4㎞。島をぐるっと1周しても大人の足で約1時間しかかかりません。
島内の移動は基本的にはすべて徒歩です。


▲海沿いの散歩を楽しみながらこんな道を歩くこと10分ほどで、初島アイランドリゾートのエントランスに着きます。

プールで遊んで、カフェでのんびり



初島アイランドリゾートは日本の離島らしい島情緒あふれる港の雰囲気とはガラリと変わり、南国の木々が生えそろい、リゾート感たっぷり。近代的でおしゃれなつくりになっています。

海水を利用した「海のプール」は、景色は海&しっかり管理されたプールという、海とプールのいいとこどり。小さい子ども用の浅いゾーンもあり、乳児連れでも楽しく遊べ、安心してのんびり過ごせました。オムツ着用の子どももOKなので、我が家は「プール用オムツ」を持参しました。


▲日陰で心地いい風にあたりながら娘とお昼寝。心も体もゆるみます。

遊び疲れて小腹がすいたら、水着のまま「アジアンガーデン」へ。
日本とは思えないようなリゾート感たっぷりのスペースです。
トロピカルスイーツやアジアン料理が楽しめるカフェでもあり、ここでもゆったりした時間を過ごせます。子どもたちは席についているハンモックに夢中でした。



海につながっているような絶景の温泉に



キャンプでは体を洗うのは簡易シャワー程度で済ませることが多いかと思いますが、初島アイランドリゾートではこんな温泉も完備。海岸線ギリギリの場所に作られた露天風呂は最高です!

海水を含んだミネラルとマグネシウムたっぷりのお湯で、すべすべのお肌になれますよ♪


▲この写真は2日目朝の朝風呂時。ほかに入浴している方がいなかったので、撮影させてもらいました。

夕食は、テントのテラス席で海鮮BBQ



宿泊するテントは、プールやカフェからさらに5分ほど歩いたところにありました。テラスにはまたまたハンモックが置いてあり、子どもたちは再び大喜び!(笑)



ヴィラ内には数棟のテントがありましたが、ほぼすべてのグループが子連れファミリー。どこのテントからも子どもたちの楽しそうな笑い声が聞こえてきました。
2重幕構造のテントは、夜静かになってからは波の音もよく聞こえ、島気分を堪能できるつくりになっています。

そして、夕食はテラスで海鮮BBQ。スタッフの方が材料をカゴに入れて運んでくれました。



ぐっすり眠って、2日目は「SARUTOBI」へ!



初島といえば、アイランドリゾート横にある「SARUTOBI」も有名ですね。
「SARUTOBI」は、ハーネスをつけて樹の上を渡っていくアドベンチャー施設です。40mのジップスライドは迫力満点だそうです!

ただし、体験できるのは5歳以上かつ身長110cm以上ということで、ここは息子とパパの2人で体験してもらうことにしました。

ちなみに、1日目はチェックインの正午の段階でその日の予約は埋まってしまっていたので、翌朝いちばんに駆け付けたのです。しかしオープン前から並んでいた人たちも多く、それでも90分待ちでした。


▲この日は風があり、パパから送られてきた写真のむすこはこの表情。がんばれ~!


パパと息子がSARUTOBIで思いっきり体を動かしている間、私と娘は再びアジアンガーデンでハンモックに揺られてのんびり過ごしました。


▲揺れが心地いいのか、ハンモックではいつもよりたっぷり寝てくれたので私もゆっくり過ごせました。ハンモック、自宅に欲しい~!

お昼過ぎまで初島アイランドリゾートで過ごし、帰路へ。帰宅前に食堂で再び海鮮丼を食べ、高速船に乗って本土へ戻りました。

宿泊がおすすめですが、日帰りでも楽しめそう



初島アイランドリゾートは人気の施設だけに宿泊予約が取りにくいのですが、我が家はキャンセル待ち登録をして、ばっちり1泊分おさえることができました。

キャンセル料が発生する直前あたりに、ちょこちょこキャンセルが出るようです。

★WEB予約はこちらから

★お電話での予約も可能です:
PICA予約センター:0555-30-4580


また、熱海のホテルや旅館に宿泊して、朝早い時間の高速船で島に渡り、夕方本土に戻る人も多数みかけました。そんな訪れ方もありだと思います。

ゆったりと島の時間を満喫した2日間。帰る前に「また来たい」と思うほど、とても心地よい空間でした。

本格的なアウトドアは難しい小さな子ども連れファミリーにはとくにおすすめ!また、沖縄やハワイに行きたいけれど仕事の都合で1泊しかできないという方にもよさそうです。
公開日:2015年07月23日

Navigator 小林博子

ニンプス編集長。1男1女の母。ブログ(http://ameblo.jp/zimtorange/)も更新中。

←旅行とおでかけ のトップへ

そのほかの記事