TOP > 旅行とおでかけ > 【沖縄】夏を先取り!3月の石垣島・西表島(2)

旅行とおでかけ

【沖縄】夏を先取り!3月の石垣島・西表島(2)

海外直輸入のかわいいセレブベビー服がそろう「SugarBaby」を運営する吉田悠里さんが、お子さんとの沖縄旅行をレポート!
手つかずの自然がいっぱい!日常を忘れてしまう素敵な旅の西表島編です♪


石垣島から西表島へ!


石垣島まで来て2泊3日ではもったいない!
できれば、八重山諸島をのんびり、そして時にはアクティブに巡る旅行がオススメです。

今回、石垣島は1泊、西表島では3泊4日!
前回レポートした石垣島に続き、大自然を大満喫した西表島での子連れ旅行のレポートを2回に分けてお届けします。

まだまだ手つかずの自然がいっぱいの西表島!


石垣島から船に乗って、40-50分で西表島上原港に到着。
沖縄では2番目に大きい島なのに、2015年現在、全島民がわずか2000人!
島の90%は亜熱帯の自然林で、80%は国有林のジャングルリゾートです。
国の天然記念物のイリオモテヤマネコが生息しているなど、東洋のガラパゴス諸島と言われるだけあり、とても神秘的な島です。

上原港についたら、宿泊先の星野リゾート リゾナーレ西表島の送迎バスがお出迎え。ホテルまで10分ぐらいです。ちなみに、西表島にはタクシーが2台、パトカーは2台、信号機は2つ・・・思っているよりもずーっと遠い所に来たと感じさせる不便さがありますが、その不便さはホテルがサポートしてくれます。

星野リゾート リゾナーレ西表島


ホテルに着いて、子どもたちが大はしゃぎしたのは、全室に備えられている天蓋付きのデイベッド。



パティオに向って備わっているので、ゴロゴロしながら景色をみたり、小さいお子様だとハイハイさせたり、おむつをかえたり、とっても楽しく便利な快適空間です。
キレイに整備されたお庭の熱帯植物が、どこかアジアのリゾート地にいるような日本とは思えない雰囲気です。

さて、チェックイン時にはアクティビティの確認をしましょう。
魅力あるアクティビティばかりなので、出発前の予約が必須です。



そして、毎日夕方開催の「やまねこの学校」(無料)に参加することをオススメします。
やまねこの生体を知るのも面白いですが、西表島を楽しむためのガイドもあります。
既に予約しているアクティビティの内容を確認できる他、まだアクティビティの予約をしていないなら、たくさんあるアクティビティの中から何をしようか考えるのにちょうどいいので、初日の参加がオススメです。



そして、同じくホテル主催の無料アクティビティ「マングローブストレッチ」は、滞在中絶対に一度は参加することをオススメします。
マングローブのそばで足首まで海につかり、朝日を浴びながら、体を伸ばしストレ~ッチ!非日常的で爽やかな贅沢すぎる時間です。



いち押しのツアーは、秘境のビーチ・奥西表の「イダの浜」で遊ぶツアーです。(大人:3,300円、小学生:2,200円、幼児:1,700円)
イダの浜へは、西表島の西部地区道路の終点「白浜港」から乗船して20分。
リゾナーレ西表島のツアーで行くと、ビーチの目の前まで船が送迎してくれます。

ちなみに、イダの浜までは、個人でも行けますが、あまり割に合わない気がします。ホテルから白浜港までの交通の手配、白浜港から奥西表の船浮港まで970円、船の便数が少ない、奥西表の船浮港より10分ほど歩く、そして、海の家などなく子連れには少々不便という事を考えると、ツアー代金はお値段以上!
特に小さいお子様連れだと、ビーチの目の前まで連れて行ってくれるのは本当にうれしいです!

海が透明すぎて、キレイすぎて、もぉ~それだけで最高~~~~!



まっ白な砂浜には、打ち寄せられた珊瑚や天然記念物のオカヤドカリがたくさん!
またまた長女はヤドカリに夢中。15匹ぐらいつかまえて、珊瑚のヤドカリ城をつくっていました。
秘境で海水浴!なんて贅沢なんでしょう~。



今年から、クリアカヤックとスタンドアップパドルの有料レンタルも始まりました!
 ・クリアカヤック:3,000円(30分・小学生以下保護者同伴)
 ・スタンドアップパドル:1,500円(30分・中学生以上)

シュノーケルがまだ出来ないお子様でも、少し沖に出て、カラフルな珊瑚や熱帯魚たちを見れちゃうんです!

2歳の次女もクリアカヤックに一緒に乗り「おさかないるかな~」とお魚探し。
キラキラの海に出て、めったに見れない熱帯魚を間近で一緒に見ることができ、とっても穏やかな時間でした。




そして、ホテルに戻りプールで撮影タイム。
ホテルは絶好の撮影ポイント!
兄弟姉妹でお揃いのお洋服やリンクコーデでお写真を残すと、とっても素敵な思い出の1枚になりますよ。



やまねこパトロールで生物保護体験!


春休み・ゴールデンウィーク・夏休み限定の「やまねこパトロール」は、国の天然記念物イリオモテヤマネコに貢献できるアクティビティです。
小学生以上なら子どもだけの参加もOK!参加費¥1,000はやまねこを守るための資金として寄付されます。



ホテルから「西表野生生物保護センター」へ送迎バスで40分。
イリオモテヤマネコをはじめとする西表島の自然について、そしてイリオモテヤマネコの交通事故対策と今後の保全の取り組みについてお勉強します。



イリオモテヤマネコの事故発生現場を調査。
事故が発生しやすい場所を確かめて、車の運転手に気づいてもらえるよう、看板を立てにいきます。
(注意:剥製のイリオモテヤマネコです。イリオモテヤマネコは国の天然記念物なので、道でばったり会う奇跡が起きない限り、本物を見る事ができません。)



車で看板を運び設置。ミッション完了してきました。
最後に証明書ももらい終了。夏休みの自由研究にもぴったりのアクティビティです。

日本一早いホタル観賞


ぜひ時期を合わせてもらいたいオススメツアーがもう一つ。
毎年2月下旬から4月下旬までの期間限定アクティビティ「ヤエヤマボタルツアー」。

八重山諸島で見られる日本一早いホタル観賞ツアーで、天然のヤエヤマボタルが、まるでイルミネーションのようにキラキラ光り輝き、とっても幻想的です。
通常のホタル鑑賞は数十匹がひらひらと舞う姿が多いかと思いますが(それでも十分可愛いんですが)、「ヤエヤマボタルツアー」のホタルはもう数百匹なのか数千匹なのか、本当に天然のイルミネーション!クリスマスシーズンのようにキラキラ輝いています!

そして、都心では感じることのできない、月明かりだけの夜。かえるの大合唱や、コウモリの飛ぶ姿。お月様がこんなに明るかったのかと、改めて大自然の夜を感じる事のできる体験です。



うっとりサンセット


アクティビティの他にも、リゾナーレ西表島の魅力はサンセット。
ホテルは西向きに建てられているため、目の前のビーチから素晴らしい夕日が楽しめます。



広ーい空がだんだんピンク~オレンジになっていき、ゆらゆらとゆれて何色にも反射するグラデーションの水面はなかなか見る事のできない絶景です。
次女が2歳なので参加できなかったですが、次回はサンセットシーカヤックに絶対参加したいなーと思っています。

リゾナーレ西表島はレストランもGOOD!


最後に、リゾナーレ西表島の魅力をもう一つ。
朝食/夕食ブッフェがすっごく美味しいんです!!

特におすすめなのが「黒糖フレンチトースト」!!
黒糖パンをフレンチトーストにしているとのことで、その絶妙な甘さと柔らかさに感動です!
滞在中、毎朝食3個は食べました。きっと都内にあったら、大行列まちがいなしの美味しさです!



レストラン「イリティダ」での夕食・西表DEEPブッフェは、西表島の豊かな自然と奥の深さを体験する7品の個性溢れるメニューと、ラフテーやゴーヤチャンプルといった沖縄定番メニューなど、多様な調理法でアレンジした53品が並び、どれも本当に美味しい!
ホテルのレストランは高い・・・という印象が強いですが、「イリティダ」の夕食ブッフェも¥4,500(大人)/¥2,000~3,000(子ども)と、そこそこのお値段。ただ、西表島にはレストランが10軒ぐらいしかなく、そこへ行くには、徒歩か送迎車のみなんです。
しかも、他のレストランも離島なだけあって、ちょっぴり割高。
それなら、メニューが豊富で沢山種類もあり、お腹いっぱい食べれる「イリティダ」はある意味お得かも?と思ってしまいます。Blue Sealのアイスもあるんですよ。
もし、プランで迷ったら、朝夕付きのプランがいいと思います!


一度行くと、はまってしまう楽しさいっぱいのリゾナーレ西表島。
「今度行ったら、あれをやりたい・・・」と既に次回のことを考えています。

「石垣・西表島(3)」では、レンタカーでゆっくりまったり訪れる、西表島の観光スポットをお届けします。


夏を先取り!3月の石垣島(1)はこちら>>
公開日:2015年06月29日

Navigator 吉田悠里

2006年長女の出産を期に海外のベビー服に目覚め、2008年輸入ベビー服のネットショップ「SugarBaby」をオープン。買い付けと家族旅行を兼ねて、度々海外へ。

←旅行とおでかけ のトップへ

そのほかの記事