TOP > 旅行とおでかけ > 【熊本】山と海の絶景を楽しむ!子連れ女子旅(山編)

旅行とおでかけ

【熊本】山と海の絶景を楽しむ!子連れ女子旅(山編)

子連れママ2組で、熊本へ!ニンプス編集長・ロコ親子(子どもは8歳男子、1歳女子)と、友人親子(子どもは2歳女子)の5名で「こととりっぷ」してきました♪
国内にはまだまだ私たちの知らない景色がたくさんあることを感じた熊本旅。阿蘇山周辺をめぐる「山編」と、天草の「海編」の2回に分けてお届けします。

アクセス/
羽田空港から1時間45分で阿蘇くまもと空港に到着。空港から阿蘇山までは40㎞ほど離れています。
2014年10月26日からは、ジェットスター航空の成田⇔熊本間直行便の運航が開始されました。片道6,690円~と、とてもリーズナブル。ますます行きやすくなりましたね。
熊本県内の移動は、名所が点在しているためレンタカーでのが便利。電車やバスももちろんありますし、宿泊するホテルや旅館のシャトルバスを利用するという手段も可能です。

景色がよいので移動そのものが楽しい!



阿蘇くまもと空港を降り立つと、すでにこの景色!大人は広い空に感激!そして子どもたちはいたるところにいる「くまモン」に大喜びでした。わくわくしながらレンタカーを借り、目指すは阿蘇山です。
今回は3日間でかなり長距離のドライブをしましたが、窓から見える景色がどれもすばらしく、移動そのものが楽しめる旅だったことが印象的でした。



大パノラマが広がる絶景に大興奮!



阿蘇くまもと空港から一般道を走り、「ミルクロード」と呼ばれる山道を走ること1時間ほど。(途中で寄り道すれば話題の「ラピュタの道」にも立ち寄れるそうです)だんだんと山深くなっていき、徐々に草原がお目見えしてきます。その光景は「ここは日本?」と思ってしまうほどで、例えるならアルプス!ハイジの世界のような大自然が広がっています。

その後、阿蘇山観光といえばここという「大観峰」に到着です。車を停め、徒歩で展望所へ。



なだらかな遊歩道を登ること10分ほど。子どもたちも一生懸命登ってくれました。
そして展望所に到着!空港からの景色だけで感激していた私たちの想像を超えた、圧巻の大パノラマでした。



なお、今回は時間の都合上、立ち寄れなかったのですが、子連れファミリーには「草千里ヶ浜」がおすすめ。もともとは火口だったという平らな土地で、約1㎞先まで見渡せる大草原です。放牧されている馬と触れ合うこともできます。



※この写真は2006年8月に訪れた際に撮影したものです。

「星野リゾート 界・阿蘇」で極上ステイ



阿蘇山の景色を堪能した後は、宿へ移動。今回宿泊した旅館は、子連れファミリーに大人気の「星野リゾート 界 阿蘇」です。

「星野リゾート 界 阿蘇」



「星野リゾート 界 阿蘇」は、熊本県と大分県の県境に位置する「くじゅう」にあります。この地域は温泉郷としても知られるリゾートエリア。「星野リゾート 界 阿蘇」は、広大な敷地に12棟の離れを持つ贅沢なつくりで、ゆったりとしたステイが楽しめる、くじゅう地区屈指の温泉宿です。



それぞれの棟が離れているので、子どもの騒ぐ声をさほど気にせず過ごせるほか、すべての棟に源泉かけ流しの露天風呂が付いているため、小さな子どもがいても家族やママ友とゆっくり温泉を楽しめます。

スタッフのみなさんも子どもへの対応が慣れている人たちばかり。優しくフレンドリーに接してくれるので、子どもたちものびのびと居心地よさそうに過ごしている様子でした。
広い敷地内の移動にはこんな車に乗ることも可能で、これも子どもたちに大好評でした!



夕食は、贅を尽くした品々を、広々としたテーブルでゆったりと楽しみました。
子どもたち用に個室を1部屋用意してくれていたので、大人がコース料理をゆっくり味わう時間を持つことができてありがたい限りでした!

もちろん、子ども用メニューも充実。今回は1歳児、2歳児、8歳児の3人の子どもがいましたが、年齢に合わせて別々のメニューが用意されていました。



キッズ向けは、手前が8歳向けのお子様ご膳。奥は2歳向けの洋食メニューです。

朝のアクティビティですっきり目覚め、旅2日目へ!



翌朝、「星野リゾート 界 阿蘇」のアクティビティに参加。「カルデラ体操」と呼ばれるストレッチを、本館のテラスで行いました。



山々を望むテラスでの、朝のひとときがまた格別!体の隅々まで目覚めさせたあとは、おいしいスムージーをいただき、朝食を食べる胃腸の準備も万端となりました!



ちなみに、女子4人がカルデラ体操をしている間、男子はというと…



スタッフの男性が手づくりしたという「竹とんぼ」をいただき、飛ばし方を教えてもらっていました。後日談ですが、帰宅後もすっかり竹とんぼにはまって、今でもよく遊んでいます。

朝食時に息子は、2歳以上の子どもが参加できるアクティビティ「バターづくり」にも挑戦しました!できたてのバターはまた、格別においしかったです♪



おいしい朝食をたっぷりいただき宿を出発。
阿蘇山の素晴らしい景色も「星野リゾート 阿蘇 界」も、もっとゆっくりして、あと1泊はここで過ごしたかったと思う、とても素敵な空間でした。

後編の「海編」へ続きます!

大人数でのレンタカー移動におすすめ!



レンタカーでの移動にとても便利なアイテムを1つご紹介。小さくコンパクトに持ち運べる、簡易チャイルドシートです。
今回は子どもが3人もいたので、チャイルドシートの装着が悩みのタネでしたが、これが1つあったので、スペースをとらずに大助かりでした。



左のチャイルドシートはレンタカーショップからレンタル。右のものが持ち運べる簡易チャイルドシートです。

公開日:2015年06月05日

Navigator 小林博子

ニンプス編集長。1男1女の母。ブログ(http://ameblo.jp/zimtorange/)も更新中。

←旅行とおでかけ のトップへ

そのほかの記事