TOP > 旅行とおでかけ > ノマド親子の海外ステイvol.15 5都市目ヴェネツィアに到着

旅行とおでかけ

ノマド親子の海外ステイvol.15 5都市目ヴェネツィアに到着

子連れで渡欧して約2週間。だんだん旅暮らしになれてきました。
この旅、最長の5泊したトスカーナを出発。滞在先の農園(lovely farm- apartment)に暮らしていた4匹の大きな犬と仲良くなった息子たちは、案の定、犬や農園との別れに涙。しばらくしょんぼりしていました。農園で働くかたがみなさん優しくて、とびきりの6日間になりました。

↑ばいばーいトスカーナ

トスカーナから、よくわからないながらも、なんとかバスを乗り継いで(トランクケースを3つも持って!)フィレンツェに戻ってきました。英語はそんなに通じないので(そもそもさほどしゃべれないのですが)、ニュアンスでバスに乗る恐ろしさよ!(笑)


ローマからフィレンツェへの移動は、「.italo (イタロ)」というかっこい列車に乗ったので、フィレンツェから次の目的地ヴェネツィアへは別の列車に乗ることにしました。「Trenitalia」というイタリアの国鉄です。


指定席をとったらなんとイタロ同様、飲み物や軽食のサービスがありました。4人席で向き合って座れて快適。途中、ボローニャなども通るので景色も最高です。なんとなく、「世界の車窓から」のテーマソングが頭の中で流れてきます。



フィレンツェ→ヴェネツィア間が約2時間。ランチをしていたらあっという間につきました(ちなみに私たちは食事は持ち込みましたが、食堂車もありました。あれも楽しそう!)

15時ごろにヴェネツィアに到着。
駅から出ると、もう水の都。水上バスが走っています。なんてきれいな街!


ヨーロッパの街に古い建物が大切残っているのは、やはり地震がすくないせいでしょうか。古い建物を手入れして工夫して暮らす様子に心惹かれます。


今回のアパートメントも最高です。美しいバスルームにきもちのよいキッチン。窓からはなんと運河が見えます!窓越しに、ヴェネツィアで暮らす人の様子が垣間見られるのも楽しい!!



古い大きな木製の家具がいくつもあって美しいです。こんな家具と暮らせるのもアパートメントを借りる魅力かもしれません。大きな鏡台まであって、女優気分です(笑)今回の物件はこちら!

夕方6時、街からきれいな鐘の音色が聞こえてきました。



次の記事→→
・vol16 ノマドワークの装備

記事リスト
・vol1 出発
・vol2 ヘルシンキに到着
・vol3 ヘルシンキ散策
・vol4 市場へ
・vol5 海を渡ってエストニア
・vol6 絵本みたいなタリン
・vol7 GoProレポート
・vol8 タリンいろいろ
・vol9 流氷!
・vol10 さよならヘルシンキ
・vol11 ローマに到着
・vol12 美しきバチカン市国
・vol13 トスカーナへ
・vol14 トスカーナは楽園
・vol15 5都市目・ヴェネツィア
・vol16 ノマドワークの装備
・vol17 英語について
・vol18 ヴェネツィアが美しいので
・vol19 旅の男児ファッション
・vol20 ブラーノ島は色!
・vol21 バルセロナに到着
・vol22 バルセロナはお天気
・vol23 ボートに宿泊!
・vol24 帰国
公開日:2015年02月20日

Navigator 高沖清乃

Ca-sun編集長。2男児の母。3年間で国内25ヶ所・5ヶ国の子連れ旅行を経験。webメディアで子連れ旅行連載多数。

←旅行とおでかけ のトップへ

そのほかの記事