TOP > 旅行とおでかけ > ノマド親子の海外ステイvol.7 人気のGoProで撮影中

旅行とおでかけ

ノマド親子の海外ステイvol.7 人気のGoProで撮影中

最近話題のウェアラブルカメラ。旅好きの方のブログを見ていると旅の動画撮影にはGoPro(ゴープロ)のHEROというカメラが人気のよう!

そこで、今回の旅に向けてGoPro・HERO4を用意してみました。ミーハーです(笑)
出発直前に準備をしたので、練習する時間があまりなくちょっぴり不安ではありましたが…使い方がとても簡単。電源スイッチと、あとはスタート・ストップボタンさえ覚えれば、すぐに撮影ができます。デジモノ音痴の私でも大丈夫な、すばらしいカメラ!ありがたいです。



しかも、すごく小さいので旅の荷物にならずこれまたありがたい。


あまり難しく考えなくても、自撮り棒などにつけて気になる場所をちょこちょこ撮影するだけで十分たのしい映像が撮れます。iPhoneの動画カメラでもよいのですが、GoProは魚眼レンズ的に視野を広く撮影できるので、旅の風景を撮るのにぴったり。大きな建物や広い海もばっちり撮れると思います。

こちらが、旅の2日目にフィンランドで撮影した映像。動画撮影のド素人のわりには、それらしき仕上がりに。これがGoProのすごさのひとつかと!


↑ヘルシンキ大聖堂という大きな建物を撮影しているのですが、左右の余白は空まではいっていて大迫力です。普通の動画カメラではこうはいきません。少しレトロな加工をしています。

そしてこちらは、別売りのハーネスを長男(6歳)につけて、彼の目線で撮影したフィンランド・ヘルシンキの映像です。


来春に小学生になる長男、大きくなったな~と思っていましたが、こうして彼の目線で街をみると、まだまだちびっこと気が付きました。

ちなみにGoProは、すごく丈夫で、ケースに入れれば防水です。子どもに装着しても、たとえスポーツをしたってへっちゃらです。サーファーやスノーボーダーのかたも撮影に使用しているそう。別売りのハーネスを使えば、子どもも大人も胸元や頭にカメラを装着できます。ほかの装着キットも用意してきたので、また試してレポートしたいと思います。

↑長男、寒さで表情がひきつっています。


撮った動画の編集に使っているのは、GoProから無料で提供されているソフト「GoProスタジオ」です。使えるパソコン環境のハードルがやや高めですが、手軽に動画加工ができる素敵なソフト。テンプレートもあるのでかっこいい編集も簡単です。

後ろで流している音楽は、Youtubeのオーディオライブラリのもの。無料で使える著作権フリーの音源です。なんでもフリーでそろいますね。ありがたいです。





次の記事→→
・vol8 タリンいろいろ

記事リスト
・vol1 出発
・vol2 ヘルシンキに到着
・vol3 ヘルシンキ散策
・vol4 市場へ
・vol5 海を渡ってエストニア
・vol6 絵本みたいなタリン
・vol7 GoProレポート
・vol8 タリンいろいろ
・vol9 流氷!
・vol10 さよならヘルシンキ
・vol11 ローマに到着
・vol12 美しきバチカン市国
・vol13 トスカーナへ
・vol14 トスカーナは楽園
・vol15 5都市目・ヴェネツィア
・vol16 ノマドワークの装備
・vol17 英語について
・vol18 ヴェネツィアが美しいので
・vol19 旅の男児ファッション
・vol20 ブラーノ島は色!
・vol21 バルセロナに到着
・vol22 バルセロナはお天気
・vol23 ボートに宿泊!
・vol24 帰国
公開日:2015年02月09日

Navigator 高沖清乃

Ca-sun編集長。2男児の母。3年間で国内25ヶ所・5ヶ国の子連れ旅行を経験。webメディアで子連れ旅行連載多数。

←旅行とおでかけ のトップへ

そのほかの記事