TOP > 旅行とおでかけ > [岡山]街並みを楽しむ倉敷の旅

旅行とおでかけ

[岡山]街並みを楽しむ倉敷の旅

街並みを楽しむ岡山県・倉敷への旅に出かけました。
大人の街のイメージですが、ゆったりとした空気が流れる、こどもにやさしい旅になりました。

アクセス/飛行機でびゅーんと3時間


東京からのアクセスは、飛行機か新幹線。


飛行機のほうが割高なイメージがありますが、意外にそうでもなく、ANAやJALの「特割」や「早割」、のようなサービスを活用すれば、新幹線とほぼ同額(もしくは安価)。
新幹線のぞみは、岡山まで3時間ちょっとかかるので、小さな子どもにはちょっと長いかもしれません。飛行機なら羽田-岡山間が約1時間20分ですので、割引をうまく活用して飛行機でいくのがおすすめです。

空港から倉敷市内まではバスで35分ほど。バスの本数は少ないので要注意。タクシーの場合は片道5,000円程度です。

白壁の「美観地区」をお散歩



倉敷はなんといっても、「美観地区」。江戸時代からの街並みが残る、保存地区です。倉敷駅からタクシーでおよそ10分程度(800円前後)の場所にあり、雑貨屋さんや焼きもの屋さんを見ながら、ぶらぶらお散歩するのにぴったりです。

白壁の美しい町並みは、一見の価値あり。モネの「睡蓮」やエルグレコの「受胎告知」が展示されている大原美術館があるため、空襲を免れたためにこの美しい町並みが残ったのだそうです。(お散歩中に、焼き物屋さんのおばあちゃまに教えていただきました)

大原美術館のすぐわきには、倉敷川が流れています。緑あふれる川辺も絶景。


川舟に乗ろう



倉敷川では、川舟に乗ることもできます。船頭のおじさんが倉敷の歴史を案内しながらゆらゆら川辺を進みます。ゆったりとした時間に癒されること間違いなし。
わたしが出かけたのは平日ですが、おそらく週末は待ち時間が長いと思います。当日券しかないそうですので、美術館の近くにある「倉敷館」で先に便の予約をするとよいでしょう(その間にランチでも)。

ランチはアイビースクエアへ



宿泊もできる「アイビースクエア」までは、船乗り場から徒歩7~8分。明治時代の紡績工場をリフォームした建物だそうです。その名の通りアイビー(蔦)でおおわれています。
ゆったりできるレストランがあるので、ランチにおすすめです。お子さまメニューもありました。

駅前のショッピングセンターもおすすめ



倉敷駅前のショッピングセンター「アリオ倉敷」の敷地も、じつは子どもと遊べるスポット。広々とした芝と遊具、きれいな小川が流れていて、地元のお子さんたちはパンツひとつでびっしょりになって遊んでいました。
夏はセミを捕まえたり、芝ではイベントも多数開催されているようです。
なお、アリオ倉敷の中にある書店「福家書店」さんは、子ども向けの本の充実がすばらしく、何時間でも飽きずにいられる本屋さんです。


歴史ある街を、押し付けられる感じではなく、子どもも大人も自然に味わえる、そんなイメージの倉敷でした。子どもたちが大きくなったら、また訪れてみたいです。
公開日:2014年06月22日

←旅行とおでかけ のトップへ

そのほかの記事