TOP > 赤ちゃんフォト > 写真をインテリアに!おすすめの飾り方アイデア集

赤ちゃんフォト

写真をインテリアに!おすすめの飾り方アイデア集

園や学校での子どもの写真をインターネットで購入できるサービス「スナップスナップ」のフォトグラファー、宮下敬一郎さんに教わる「ママのための写真講座」。最終回は、写真の飾り方をいろいろと教えていただきました。

大切な思い出の写真、飾れば毎日がちょっと楽しくなるはず!


携帯のカメラやデジカメで撮影した写真データ。
せっかくいい写真が撮れても、そのままパソコンの中にしまったままでは見る機会は少なくなってしまいます。
大切ないい写真!思い出をおしゃれなインテリアの一つとして飾れば、毎日がちょっと楽しくなるはず。

インテリアになる写真の飾り方


LEVEL1. ガーランドに写真を吊るす



写真を小さいサイズにしてプリントして、(ご家庭のプリンタはもちろん、写真屋さんでもプリントしてくれます)麻の紐に可愛いクリップやマスキングテープで留めます。
今は100円ショップなどにもキットが売ってます。ポップなカラー使いでまとめれば、お子さまのお部屋のインテリアにもピッタリ。
ガーランドの前でお子さんの写真や家族写真を撮るのも、楽しくてオススメです。

LEVEL2. マスキングテープでウォールデコ



「画鋲で穴を開けたくない」「壁を傷つけたくない」そんな賃貸にお住まいの方にオススメなのが、マスキングテープで写真を固定するこちらの飾り方。好きな模様や色のテープを何種類か用意して、上だけ留めたり、囲んで貼ったり。思いっきり自由に貼ってみるのがおしゃれに見えるコツ。
ポラロイドやチェキなどをマスキングテープで留めてもかわいいですね。

LEVEL3. マットと額装で「作品」として仕上げる



フォトフレームと写真の間に「マット」という台紙を入れれば、グッと本格的な仕上がりに。写真の見栄えが全然変わります。マットはサイズを測ってネットで注文する事もできますし、画材店などでも作成してくれます。

写真用にフレームとマットをセットにして販売しているものも多くありますのでお好みのデザインを探してみましょう。
一枚のマットに沢山窓を入れて、一つのフォトフレームの中で沢山写真を飾ることも出来ます。

「自分でやるのは手間がかかる…」という方は、プロに頼むのもオススメ。
代官山T-SITE、湘南T-SITEにあるT-STUDIOという写真スタジオでは、写真撮影からコーディネート、額装までをプロが作成してくれます。


LEVEL4.壁一面をキャンパスに!沢山のフレームでウォールアート



日本ではあまり馴染みがないですが、海外ではメジャーなこの飾り方。壁一面をキャンパスに見立てて、大胆にフレームを並べてみましょう。フレームの色や大きさを揃えると、統一感があり、スタイリッシュな印象に。あえて材質や大きさ、色を変えるとカジュアルな印象になります。写真と一緒に、お子さまの書いた絵を飾ったり、成長と共に額の数を増やすのも素敵です。

フレームが味気なかったら、家族でデコレーションしても良いでしょう。
牛乳由来の素材で作られているミルクペイントと言う塗料でお好みのフレームを作り上げるのも良いかもしれません。柔らかな雰囲気の塗料なので、お子さんや家族写真にぴったりです。

写真は家族のきずなを育む「コミュニケーションツール」


いかがでしょう。
写真はスマホの中、タブレット端末の中、PCの画面の中…と言う方が増えているのは時代を表しているとも思いますが、やはり写真はプリントした状態が味わいがある、そして広がりがあるようにも感じます。
撮影しているプロカメラマンからしても、やはりプリントして楽しんでいただけるとうれしいものです。

今回ご紹介したようにお部屋の中に飾ることで、ご家族の会話の中心に写真がある…そんな「コミュニケーションツール」としての写真の魅力を最大限に発揮できるのも、プリントした写真ならでは。

私がフォトグラファーとして撮影している「スナップスナップ」が推進している、「親・子ども・先生 きずなプラス プロジェクト」では、「写真の力」で家族のコミュニケーションを深化させ、絆をはぐくむことを目指しています。1枚の写真から周囲に会話が生まれる、それはもちろん写真そのものの品質も大切ですが、その写真をいかに活かして行くのか、という部分が大切。
いつも目につく場所に写真を飾ることがそのスタートになるように思います。

家族間の会話だけではなく、育児に対して、また現在・過去・未来…と繋がっていく流れの中に、1枚の写真が大切な役割を占める、その始まりに、まずはしまい込んであった写真を飾ってみませんか。

親・子ども・先生 きずなプラス プロジェクト



周囲に会話が生まれる、子ども一人一人が主人公になれる“いい写真”を追求するスクールフォトサイトの「スナップスナップ」が親子や家族、園や学校の先生とのコミュニケーションを促進し、絆をはぐくむお手伝いをします。

公開日:2017年03月27日

Navigator フォトグラファー 宮下敬一郎

園や学校での子どもの写真をインターネットで購入できるサービス「スナップスナップ」のフォトグラファーとして1500を超える園や学校での撮影実績を持つ。

←赤ちゃんフォト のトップへ

そのほかの記事