TOP > 赤ちゃんフォト > 「アングル」で赤ちゃんフォトを変えよう!

赤ちゃんフォト

「アングル」で赤ちゃんフォトを変えよう!

園や学校での子どもの写真をインターネットで購入できるサービス「スナップスナップ」のフォトグラファーとしてたくさんの子どもたちを撮影してきた宮下敬一郎さんに、一眼レフで赤ちゃんや子どもを撮影するコツやヒントを教えていただく連載、2回目は今すぐ試したくなるアングルのお話しです。

第2回 アングルを変えてみよう


思い出の写真を見返してみたら、なんだか同じようなショットばかり…という悩み、ありませんか?カメラの向け方や人物の配置といった「アングル」をちょっと意識してみるだけで、ぐんとメリハリのある写真が撮れます。すぐに試せるコツをいくつかご紹介しましょう。一眼レフに限らず一般的なコンパクトデジタルカメラ、スマホで撮影するときにも役立ちます。

子どもの目線で撮る


ふとした瞬間に赤ちゃんや子どもを撮るときって、ついそのまま上からカメラを向けがちです。しゃがんで、子どもと同じ目線で撮ってみてください。
上から撮ると子どものまわりには床や地面が多く写りますが、しゃがんで撮ると背景が広く入ります。その分写る情報が多くなるのです。いつか「昔あんな家具を使っていたね」「引っ越す前はあんな家だったね」といった会話を生んでくれる写真になるかもしれません。


縦でも横でも撮っておく


ふだんスマホで写真を撮ることが多いママは、自然に持ったまま縦位置の写真を撮ることが多いかもしれませんね。人間の体は縦長なので、納まりもいいはずです。
横にしてみるとどうでしょう。左右に空間がうまれる分、まわりの状況を入れやすくなるはずです。写真を撮るときは縦と横、両方撮っておくのがおすすめ。写真にバリエーションが生まれ、後から「年賀状にはどっちを使おう」というように選ぶことができます。

中心からずらして撮る


写真を撮るときって、自然と赤ちゃんや子どもの顔を中心にしたくなりませんか?それを意識して中心からずらしてみてください。
ずらすことで生まれる空間を意識することが大切。写したい情報があるほうを大きく開けるようにするのです。子どもをあえて中心からずらすことでお気に入りのおもちゃを入れたり、かわいい指先まで写したりできるかもしれません。
横位置の写真なら、子どもの目線が向いているほうを開けると「何を話しているのかな」「何を見ているのかな」とイメージがふくらむ写真になるはず。


これは空間を活かす方法ですが、逆にムダな空間を無くすという考え方も大切です。たとえば縦位置の写真で子どもの顔を中心に撮ると、頭の上にスペースができますね。顔を上にずらすと体まで収めることができます。ムダな空間を無くして、写したい情報を多く入れる。そんなふうに空間を意識してみてください。


声をかけずに撮ってみて


アングルとは違うのですがもうひとつ。カメラを向けたら「撮るよ」「こっちむいて」と声をかけるのが習慣になっているママも多いと思いますが、子どもの写真は声をかけずに撮るのもとてもおすすめです。カメラを向いた笑顔の瞬間だけでなく、子どもがカメラに気がついていない瞬間にもシャッターを押してみてください。自然な表情が最高の思い出になるはずです。

親・子ども・先生 きずなプラス プロジェクト



周囲に会話が生まれる、子ども一人一人が主人公になれる“いい写真”を追求するスクールフォトサイトの「スナップスナップ」が親子や家族、園や学校の先生とのコミュニケーションを促進し、絆をはぐくむお手伝いをします。

公開日:2017年02月04日

Navigator フォトグラファー 宮下敬一郎

園や学校での子どもの写真をインターネットで購入できるサービス「スナップスナップ」のフォトグラファーとして1500を超える園や学校での撮影実績を持つ。

←赤ちゃんフォト のトップへ

そのほかの記事