TOP > 赤ちゃんフォト > 新1年生のための「ランドセル セルフショット」

赤ちゃんフォト

新1年生のための「ランドセル セルフショット」

ランドセルが届く瞬間、お子さんはどんな表情をするでしょう。初めての登校姿は?
新1年生になる春に向けて、親子で「ランドセル セルフショット」を楽しみましょう。

届いた瞬間をキャッチ!


待ちに待ったランドセル。一緒に届くお祝いメッセージを読み上げるパパやママも。

まずはお子さんの表情にフォーカスしたり、ランドセルが入っている “箱”も一緒に撮影することで、届いた瞬間を丁寧に残してみましょう。


MAKIMAKI_NAILさん
インスタグラム

撮影したMAKIMAKI_NAILさん、息子さんのはやる気持ちを抑えてのショット!
この後附属品をどんどん広げ、ランドセルを背負っての撮影にも何度もトライしたそうです。


ちょっと離れたところにきちんと箱を置くだけで、スペシャルなものが届いたことが伝わる写真に。


nijiiiroさん
インスタグラム

nijiiiroさんの娘さんは、夏に注文したランドセルが届くのを毎日カタログをみながら首を長~くして待っていたそう。
エレガントな刺繍やシャビーブラウンのお色は、親子でお気に入りです。

届いたまさにその瞬間!
パジャマ姿の嬉しいそうな笑顔は「やっと着いた」の笑顔♪


ATUDECORAさん
インスタグラム

はじめて背負ってみたよ!


こちらはニンプス・Ca-sun編集部あだちファミリーの思い出の一枚。
小さな背中に大きなランドセル。赤いランドセルは一目惚れだったそう。誇らしげにサインはV



ランドセルを背負いながら毎年全身を真横から撮影することで、成長の記録になります。ご自宅にて“恒例フォトスポット”をきめておくのもよいでしょう。

6年生になった君はどんなかな?

ランドセルを主役に撮影してみよう!


まっすぐに置きがちなランドセルを、ちょっと斜めにソファに置いて。


_inokenさん
インスタグラム

やや斜めのランドセルとは対照的に、ツインズのまっすぐな視線と手の位置がとてもかわいらしい一枚。

ネットでオーダーしたランドセルがやっと届いたその日、「ソファーの奥からこっち覗いてみて!」というパパさんのアイデアで撮影しました。


鮮やかなカラーのランドセルを、ナチュラルテイストな床に置いて。


miry814さん
インスタグラム

miry814さんの息子さんは、カタログでこちらのブルーに即決!迷いなき決断でした。ママさんも“派手過ぎずあまりみないような綺麗なブルー”がお気に入りです。

親子で選んだランドセルカラー、
置く場所などにより、際立ちかたも様々ですね。

サクラを狙って前どり・後どり


こちらはCa-sun編集長 高沖親子
昨年の春、移住先の長野県伊那市の桜は、ちょうど入学式と重なりました。



ランドセル姿の定番といえば、入学式の看板の前での撮影。
ぜひ記念に残したいショットではありますが、他のひとが見切れてしまったり、行列のなか思い描くような写真が撮れず終わってしまうことも。

“開花状況”や“お天気”に合わせて、公園などで改めて撮影するのもよいでしょう。オフの日に撮影することでお子さんの表情もリラックスした表情に。

地域により、入学式前(後)の桜をしっかりとキャッチしてください!

いよいよ初登校!


ニンプス編集長ロコさんの思い出ショット!
こっそり気付かれないよう“後ろ姿”を撮ったり、手をつないで登校するようすをママ目線でパチリ。

「今日から僕は1年生だよ!ママ、大丈夫だよ!」と意気込んでいた、この日のお兄ちゃんでした。







いよいよはじまる小学校生活では、2学期に向けてランドセルをメンテナンスする、こんなシーンも!?


AOAOAABOさん
インスタグラム

AOAOAABOさんの息子さんは、パパと革製品のお手入れをするのが大好き。手入れが大変ともいえるヌメ革のランドセルですが、家族の楽しみに変えているAOAOAABOファミリーです!


以上、親子で「ランドセル セルフショット」
この時期からぜひお楽しみください♪


「Baby365」は、赤ちゃんや子どもの日常を1日1枚、手軽に記録できるフォトアプリです。

写真がたまったらフォトブックに製本・印刷することもできます!


公開日:2017年02月04日

Navigator 佐々木彩子

Ca-sun編集部所属。一女の母。住まいは藤沢市。育児をしながら、写真が「日常」を盛り上げる可能性を模索中。

←赤ちゃんフォト のトップへ

そのほかの記事