TOP > 赤ちゃんフォト > 夏らしい写真が撮れる!ハイキーフォト

赤ちゃんフォト

夏らしい写真が撮れる!ハイキーフォト

日本の“マタニティヌードブーム”の火付け役となったスタジオ「Studio-navel(ネーブル)」のオーナー高田さん(6才&3才のブラザーズ)&フォトグラファー野坂さん(2才の女の子)。
子育て真っ最中でもあるお2人がナビゲートする「スマホで撮るベビー&キッズフォト講座」。
第4回の今回は、夏の思い出をさわやかに残せる方法を教えていただきました♪

さわやかな夏の思い出。ハイキーフォト!



いよいよ夏本番!
元気な太陽の光をたくさん取り込んだハイキーフォトで、
夏らしい写真を残してみよう!

さてさて、ハイキーフォト??
知らない方も多いはず。

あえて露出を「HI↑」にして明るさを強調した撮影手法です。
太陽の日差しが強いこの季節。
ハイキーフォトを撮るのにとても適しています!

写真の中で、光はとても重要な表現方法の一つ。
全体的に明るいハイキーフォトは、爽やかさや明るい気持ちを表現できて夏にとてもおススメです。

日差したっぷりの中での子供の笑顔は輝き120%UP!
そして、何よりママの若さも120%UPなのが嬉しいところ(笑)

明るさ具合は、その日その時の気分に合わせて調整を楽しんでみてください。
ギラギラとした暑い日。
木漏れ日の風が気持ち良い時。
窓辺の日差しが爽やかな日。
水辺に映った太陽がキラキラしてる時。

「どんな夏の日だったか」を意識してそれらを感じられる写真になるよう、撮影を楽しんでみてくださいね。

撮り方のコツ


スマホのカメラには、被写体に合わせてピントや明るさを調節してくれる機能が付いていますが、ハイキーフォトを撮るには、あえて、画面の中の一番暗い部分をタッチして
全体の明るさを上げて撮影します。
※AEロック(自動露出)はロックしてください

ただし、コントラストが強くなってしまうと、ギラギラした印象が強くなってしまいます。
明るくて光と影、明暗の差が少ない写真。
風景としては空が広かったり、ぬけているのが、さわやかハイキーフォトに適してると思います。

アプリでハイキーフォトにしてみる


撮影環境や被写体によっては、思い通りにならない場合も。
そんな時には、アプリでハイキーフォト仕上げしちゃいましょう。
輝度とコントラストが調整できるアプリならばどれでもOKです。
★輝度をグッと上げて、コントラストを下げる。
これでOKです!
Snapseed」はフリーで優秀おススメアプリです。
公開日:2017年02月03日

Navigator Studio-navel 高田奈付子・野坂知子

日本の“マタニティヌードブーム”の火付け役となったスタジオ
「Studio-navel(ネーブル)」のオーナー&カメラマン。

←赤ちゃんフォト のトップへ

そのほかの記事