大型トラックドライバーの平均年収

大手の運送会社の正社員なら五百万円以上稼げぐことも可能

大型トラックドライバーの平均年収は、勤務先の会社の規模や業績、勤続年数などに大きく左右されますが、大手企業で正社員として働く場合は平均して五百万円以上稼ぐことも可能です。特に、土日祝日や夜間の勤務をメインに担当したり、同じ会社で長く働いて役職に就いたりする場合は、さらに高額な収入を得られることもあります。また、大型トラックドライバーが不足している運送会社の中には、営業エリアの拡大やドライバーの業務負担の軽減などを理由として、正社員以外に契約社員のドライバーの募集をするところも目立ちます。こうした運送会社で契約社員として働く場合は、正社員とあまり変わらない基本給や各種手当を受け取れることもあります。

地域密着の運送会社は年収三百万円台のところが多い

地域密着の小規模の運送会社に在籍する大型ドライバーは、勤務先の所在地にもよりますが年収三百万円台の人が目立ちます。一方で、こうした会社は大手と比べて全国転勤の可能性が低いため、同じ地域でドライバーとして長く働きたい人にとって大きな魅力があります。最近では、在職中のドライバーの離職を防ぐため基本給の見直しをしたり、定期昇給を導入したりする会社もあるため、馴染みの地域でドライバーの仕事を探したい場合は、じっくりと各社の労働条件を比較するのがおすすめです。また、年収アップを目指すにあたっては数年の実務経験を積んで待遇が良い運送会社に転職をしたり、運行管理者などの資格を取得して運送会社の管理職に就いたりする方法があります。

トラック運転手の求人には、長距離、中距離、短距離の仕事があります。長距離は大型トラックを使用しますが、短距離では、普通自動車免許でも乗れる小型トラックを使用することも多いです。