TOP > 行事/パーティー > 【5月】「こどもの日」はこどもみんなの日

行事/パーティー

【5月】「こどもの日」はこどもみんなの日

「こどもの日」は子どもたちのすこやかな成長を願う日で、男女の別はありません。
別名「端午の節句」というので、男の子というイメージが強いのですが、本来はみんなが無事に過ごせるよう、季節の節目に邪気払いをする行事です。
家族みんなでしあわせを願う文化を楽しんで、親子の絆を深めましょう。

こどもの日の由来


「端午の節句」は古代中国の菖蒲を使った邪気払い行事が起源です。
端午とは「月初めの午(うま)の日」という意味ですが、のちに5月5日になりました。
この行事が奈良時代に伝来して広まり、やがて武家社会で菖蒲が「尚武」や「勝負」に通じることから男児の成長を願う行事に変化し、鯉のぼりや鎧兜を飾るようになりました。
その後、昭和23年に男女の別なく子どもの幸せを願う「こどもの日」になりました。


どうして鯉のぼりをあげるの?


鯉のぼりは、子どもを思う親の気持ちから誕生しました。もともと幟(のぼり)や吹流しは戦の時の軍の目印で、男の子が生まれると家紋のついた幟をあげて祝う風習が武家にありました。すると江戸の庶民の間でも幟をあげたいという声が出ましたが、武家と同じことはできないため「鯉の滝のぼり」で立身出世のシンボルだった鯉を幟にするというアイデアが生まれ、鯉のぼりとなったのです。
鯉のぼりは子どもにとって大事な思い出になります。住宅事情で屋根より高くは難しくなりましたが、ベランダ用や室内用を飾ったり、手作りしてみると素敵ですね。



端午の節句の食べもの



◎柏餅
あん餅を柏の葉で包んだ和菓子。柏は新しい葉が出るまで古い葉が落ちないため、健やかな成長と子孫繁栄の願いを込めて、江戸時代から端午の節句に食べるようになりました。

◎粽(ちまき)
茅または笹の葉でもち米を包んで蒸したもの。現在はういろうや葛(くず)を包んだ和菓子となっています。端午の節句とともに中国から伝わったので、伝統を重視する関西では今でも粽が主流です。
子どもに伝えたい 春夏秋冬
和の行事を楽しむ絵本

お正月やひな祭り、お花見、お盆、お祭りなど、季節の行事を親子でいっしょに楽しみながら学べる絵本。
5月のいろいろな行事、母の日の由来なども豊富なイラストでわかりやすく、楽しく紹介しています。


公開日:2015年05月01日

Navigator 【監修】三浦康子

和文化研究家、ライフコーディネーター。
わかりやすい解説と洒落た提案が支持され、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、ウェブ、講演、商品企画などで活躍中。様々な文化プロジェクトに携わり、子育て世代に「行事育」を提唱している。著書、監修書多数。

←行事/パーティー のトップへ

そのほかの記事