TOP > 行事/パーティー > 【3月】女の子の成長を祈るひな祭り

行事/パーティー

【3月】女の子の成長を祈るひな祭り

ひな祭り・桃の節句ってなあに?



◆どうしてひな祭りをするの?
ひな祭りは、ひな人形を飾って女の子のすこやかな成長と幸せを願う行事です。

ひな人形を庶民が飾れるようになったのは江戸時代で、娘のためにひな人形を飾ってお祭りすることがみんなの憧れとなり「ひな祭り」とよばれるようになったといわれています。

ひな祭りというと、女の子だけの行事と思いますが、もともとは「上巳(じょうし)の節句」「桃の節句」といい、年齢や性別を問わず幸せを願う邪気払い行事でした。女の子の場合にはもちろん主役でお祝いしますが、男の子しかいない場合でも「桃の節句」としてお祝いして文化を伝えていきましょう。

◆ひな祭りの由来
起源は古代中国で起こった「上巳(じょうし)の節句」で、3月の上旬の巳の日に水辺で身を清め、桃花酒を飲んで邪気を払う行事がありました。
この日付が3月3日と定められ、日本に伝来すると人形(ひとがた)を流す風習などが結びついていきました。

◆どうして桃の節句とよばれるの?
昔から桃の木は聖なる木とされているので、この時期に咲く桃の花を行事にもちいるようになったからです。
ちなみに桃に邪気払いの力があることから、桃太郎が邪気の象徴である鬼を退治する話が出来ました。

◆どうしてひな人形を飾るの?
今のひな人形は「飾る」のが一般的ですが、「流しびな」という習わしが残る地域があるように、はじめは水に流していました。
ひな祭りのルーツの「上巳の節句」では、紙や草で人の形をかたどった人形(ひとがた)に自分のケガレをうつして川に流していました。
また、古来より木や布で作った人形を子どもの魔よけにする習わしがあり、女の子の遊び道具としても発達しました。
ひな人形の「ひな」は小さくてかわいらしいものという意味で、平安時代の貴族の間で盛んだった「ひいな(ひなの古語)遊び」というおままごとからきています。

やがてこれらが結びつき、ケガレをうつした人形を川に流す「流しびな」となり、人形作りの技術が発達すると、川に流さず家に飾り、娘のすこやかな成長と幸せを祈るようになりました。


ひな祭りのいろいろな飾りもの



ひな人形の他にも各地に伝統的なひな飾りがあります。

◆犬筥・犬張り子
犬の形をした置物。犬はお産が軽いので、出産や子どもの健康を祈るお守りになり、「犬筥(いぬばこ)」や紙製の「犬張り子」を嫁入り道具に加え、ひな壇にも飾るようになりました。
◆つるし飾り
各地に布で作った縁起物をつるす風習があります。子どもや孫の幸せを願い、一針一針思いを込めて縫っていきました。


ひな祭りの食べもの


◆菱餅
ひし形のおもちを重ねたもの。よもぎを入れた緑の餅(厄除け)、菱の実を入れた白い餅(清浄)、くちなしを入れた赤い餅(厄病除け)の三色。「雪の下には新芽が芽吹き、桃の花が咲いている」という春の情景も表しています。

◆ひなあられ
関西風は餅をくだいて揚げたあられですが、関東風は米粒をあぶったものが原型です。

◆白酒
もち米、みりん、米麹、焼酎などで作った濁りのあるお酒。本来は桃が百歳(ももとせ)に通じるため、桃の花びらを浮かべた「桃花酒」を飲んでいましたが、江戸時代に白酒が出来て定着しました。子どもにはノンアルコールの甘酒がおすすめです。

◆はまぐりの潮汁(うしおじる)
はまぐりのお吸い物で、3月3日に磯遊びをして魚貝類を供えた名残です。
はまぐりなどの二枚貝は対の貝がらしか合わないため、何事にも相性の良い相手と結ばれて仲睦まじく過ごせるようにとの意味があります。


子どもに伝えたい 春夏秋冬
和の行事を楽しむ絵本

お正月やひな祭り、お花見、お盆、お祭りなど、季節の行事を親子でいっしょに楽しみながら学べる絵本。
ひな飾りの由来や、春のお彼岸など豊富なイラストでわかりやすく、楽しく紹介しています。


公開日:2015年02月18日

Navigator 【監修】三浦康子

和文化研究家、ライフコーディネーター。
わかりやすい解説と洒落た提案が支持され、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、ウェブ、講演、商品企画などで活躍中。様々な文化プロジェクトに携わり、子育て世代に「行事育」を提唱している。著書、監修書多数。

←行事/パーティー のトップへ

そのほかの記事