TOP > 行事/パーティー > 【2月】節分てなぁに?

行事/パーティー

【2月】節分てなぁに?

節分てなぁに


節分は「季節の分かれめ」という意味で、本来は立春、立夏、立秋、立冬の前日のことをいうので年4回あります。
でも今は、立春の前日だけをさすようになっています。
これは、旧暦では1年が春から始まり立春は正月と同じくらい大事な日なので、立春前の節分は年の分かれ目をかねた特別な日とされたからです。

家族で豆まき


豆まきの仕方は地域によっていろいろな方法があります。一般的には、節分の夜、窓を開けて「鬼は外!」と外へ向かって豆をまき、鬼が戻らないようすぐに窓を閉めてから「福は内!」と室内にまきます。奥の部屋から順番に、最後は玄関までまいて家中の鬼を追い払いましょう。

どうして豆まきをするの?


新春に向け、悪いことを引き起こす邪気や冬の寒気を払うためで、その象徴が鬼です。豆には霊力が宿るとされ、豆を魔物の目(魔目・まめ)に投げつけると魔を滅する(魔滅・まめ)ことが出来ると考え、豆まきをするようになりました。


どうして鬼をやっつけるの?


人の力ではどうにもならない災害や病などは鬼の仕業とされたため、新年の幸福を願い節分に鬼を追い払うようになりました。
日本古来の鬼には人々に頼りにされる良い鬼の話もあります。鬼が悪者になったのは、豆まきのルーツである中国伝来の「追儺(ついな)」(鬼やらい)に由来するといわれています。そして鬼が出入りする「鬼門」が丑寅(北東)の方角にあるとされているため、鬼にはウシの角やトラの牙があり、トラ皮の服を着ています。

鬼はどこにでもひそんでいてすきがあると暴れだすと考えられています。家の中や心の中も同様なので、豆をまいたり食べたりする際「心の中にいる○○鬼もやっつけちゃおう!」と声かけしてもいいでしょう。
「散らかし鬼」「夜更かし鬼」などいろいろな鬼がいませんか?

節分の食べもの


◎恵方巻
福を巻き込んだ巻き寿司一本を恵方(その年の縁起の良い方角で年神様がいる方角)を向いて、願い事をしながら無言で丸かぶりします。関西発祥の比較的新しい風習です。

◎福茶
福豆が食べきれない場合、飲めば食べるのと同じご利益があるとされるお茶。
福豆3粒・梅干・塩昆布にお湯をそそげばできあがりです。
年の数の福豆にお茶をそそいだものを飲む場合もあります。
子どもに伝えたい 春夏秋冬
和の行事を楽しむ絵本

お正月やひな祭り、お花見、お盆、お祭りなど、季節の行事を親子でいっしょに楽しみながら学べる絵本。
2月のいろいろな行事、節分や初午の由来なども豊富なイラストでわかりやすく、楽しく紹介しています。


公開日:2015年01月28日

Navigator 【監修】三浦康子

和文化研究家、ライフコーディネーター。
わかりやすい解説と洒落た提案が支持され、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、ウェブ、講演、商品企画などで活躍中。様々な文化プロジェクトに携わり、子育て世代に「行事育」を提唱している。著書、監修書多数。

←行事/パーティー のトップへ

そのほかの記事