TOP > 行事/パーティー > 【12月】冬至ってなあに?

行事/パーティー

【12月】冬至ってなあに?

冬至ってなあに?


12月22日は冬至です(日付は毎年変動します)。冬至は二十四節気のひとつで、太陽の位置が一年でもっとも低くなる日です。
昔から冬至は「太陽が生まれ変わる日」と考えられていました。日が短くなるのは太陽の力が弱くなるからで、冬至を過ぎると太陽の力がよみがえるととらえるからです。
太陽は生きていく上で欠かせないものなので、太陽の力がよみがえる日は、生きる力も回復する希望に満ちた日といえます。そこでこの日に柚子湯に入ったり、かぼちゃを食べたりして幸せを願う風習があります。

一陽来復(いちようらいふく)


冬至は陰が極まり再び陽にかえる日なので、「一陽来復」といい、上昇運に転じる日とされています。凶の後に吉に向かうこと、冬が去って春が来るという意味があるので冬至や新年によく使う言葉です。

柚子湯


冬至を過ぎると寒さが厳しくなりますが、柚子を入れたお風呂に入ると病気をせずに元気に冬を乗り越えられるといわれています。
柚子は「融通(ゆうずう)」に通じ「湯治」にかけて「冬至に柚子湯」となったとか。
柚子は実るまでに長い年月がかかるので、苦労が実りますようにという願いも込められています。柚子湯に入りながら「一陽来復」と唱えるとさらによいので、親子一緒のバスタイムで幸せを呼び込みましょう。


冬至の食べもの


◎かぼちゃ
冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかずにひと冬を過ごせるといわれています。かぼちゃは別名・南瓜(なんきん)で、北(陰)から南(陽)へ向かうという意味があります。また野菜の少ない冬に、保存のきくかぼちゃを食べて栄養をとる、暮らしの知恵でもあります。

◎冬至粥
冬至に食べる小豆粥。小豆の赤い色が魔よけになるといわれています。赤飯、小豆団子を食べる風習もあります。

◎いとこ煮
かぼちゃと小豆の煮物。かたいものをおいおい(甥)入れて、めいめい(姪)煮込んでいくから「いとこ煮」といいます。

◎こんにゃく
こんにゃくは食物繊維が豊富なので、「冬至こんにゃく 砂はらい(砂おろし)」といわれ、体の中をきれいにします。昔の人はこんにゃくを「胃のほうき」「腸の砂おろし」と呼び、冬至、大掃除の後、大晦日、節分などに食べていました。
子どもに伝えたい 春夏秋冬
和の行事を楽しむ絵本

お正月やひな祭り、お花見、お盆、お祭りなど、季節の行事を親子でいっしょに楽しみながら学べる絵本。
正月準備のあれこれや大そうじ・冬至の由来なども豊富なイラストでわかりやすく、楽しく紹介しています。


公開日:2014年12月15日

Navigator 【監修】三浦康子

和文化研究家、ライフコーディネーター。
わかりやすい解説と洒落た提案が支持され、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、ウェブ、講演、商品企画などで活躍中。様々な文化プロジェクトに携わり、子育て世代に「行事育」を提唱している。著書、監修書多数。

←行事/パーティー のトップへ

そのほかの記事