TOP > 行事/パーティー > 【11月】どうして七五三をするの?

行事/パーティー

【11月】どうして七五三をするの?

七五三は、3歳の男女・5歳の男の子・7歳の女の子のすこやかな成長を祈願する行事です。11月15日に晴れ着を着て神社に参拝します。

どうして七五三をするの?


七五三を祝うようになった背景には、「七つ前は神のうち」という考え方があります。昔は、7歳までは神様に守られているので何をしてもバチはあたらないが、魂が定まっていないのでいつ死ぬかもわからず正式な葬儀も行われませんでした。
昔は7歳までぶじに成長させるのはとても大変なことだったので、節目節目に神様に感謝して、健やかな成長を祈ったのが、七五三の始まりです。


どうして千歳飴は長~いの?


七五三にかかせないのが千歳飴。江戸時代に浅草の飴売りが子どものお宮参りのおみやげとして考案したといわれています。昔は子供が病気になることも多かったので、長寿に通じるよう長く伸ばした飴を作り、千年飴、寿命飴として売り出しました。これがのちに「千歳飴」とよばれるようになって定着したのです。
千歳飴の袋には、鶴亀、松竹梅、翁と媼など、長寿にまつわる縁起のよい絵柄が描かれていて、年の数だけ飴を袋に入れるとよいとされています。
子どもに伝えたい 春夏秋冬
和の行事を楽しむ絵本

お正月やひな祭り、お花見、お盆、お祭りなど、季節の行事を親子でいっしょに楽しみながら学べる絵本。
赤ちゃんが大人になるまでの通過儀礼、旬のお花や食べ物なども豊富なイラストでわかりやすく、楽しく紹介しています。


公開日:2014年11月05日

Navigator 【監修】三浦康子

和文化研究家、ライフコーディネーター。
わかりやすい解説と洒落た提案が支持され、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、ウェブ、講演、商品企画などで活躍中。様々な文化プロジェクトに携わり、子育て世代に「行事育」を提唱している。著書、監修書多数。

←行事/パーティー のトップへ

そのほかの記事