TOP > 行事/パーティー > 【8月】家族を大切に。お盆

行事/パーティー

【8月】家族を大切に。お盆

8月13日~16日は先祖が家に帰ってくる日、お盆。盆棚にお供えものをし、お墓参りに行って、先祖を迎えます 。家の前で迎え火を焚いたり、提灯を灯したりするのは、先祖の霊が迷わないようにするためです 。

先祖を思うことで、家族を大切に


お盆というのは、先祖の霊を家に迎えて供養しながら、「お陰さまで元気でくらしています」と感謝する行事です。
昔、亡くなった人は7月15日に帰ってくるとされていました。新暦では8月半ばにあたるため、昔の季節感そのままにできるよう、多くの地域で月遅れの8月に行っています。
お盆休みがあって、お盆に帰省ラッシュになるのは、みんながお盆に里帰りするから。
最近はとくにお盆の行事をしない家もありますが、故人の好きだったものを供えたり、写真を見ながら思い出話をしたりすると、子どもに家族を大切にする気持ちが伝わります。

花火大会・盆踊り


お盆に花火大会をするところが多いのは、慰霊(送り火)、無病息災、納涼に通じるからです。
盆踊りは今では娯楽になっていますが、もともとはお盆に迎えた精霊をなぐさめ、あの世へと送る行事。この世にいる人にとっても、生きる喜びを感じたり災いを払ったりする意味があり、地域の人との交流や再会の場でもあります。
踊り方は見ているうちに覚えられるので、子どもと一緒に楽しんでみてください。盆踊りの振り付けは、ゆかた姿が基本でよく映えます。ぜひゆかたを着させてあげましょう。
子どもに伝えたい 春夏秋冬
和の行事を楽しむ絵本

お正月やひな祭り、お花見、お盆、お祭りなど、季節の行事を親子でいっしょに楽しみながら学べる絵本。
盆棚のお供え物の意味、夏祭りにおみこしをかつぐ理由、花火大会の由来なども豊富なイラストで楽しく紹介しています。


公開日:2014年08月01日

Navigator 【監修】三浦康子

和文化研究家、ライフコーディネーター。
わかりやすい解説と洒落た提案が支持され、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、ウェブ、講演、商品企画などで活躍中。様々な文化プロジェクトに携わり、子育て世代に「行事育」を提唱している。著書、監修書多数。

←行事/パーティー のトップへ

そのほかの記事