TOP > 行事/パーティー > 【7月】七夕の節句・星まつり

行事/パーティー

【7月】七夕の節句・星まつり

7月7日は七夕の節句。お星さまに願い事をかけることから、別名星まつりともいいます。

七夕には、夜空を見上げてみて


7月7日の七夕には、笹竹に願い事を書いた短冊をつるして星に願いをかける風習があります。ベランダに飾れる小ぶりの笹竹が見つかったら、親子で五色の短冊や豊漁豊作・幸せをすくう意味もある網飾り、長寿を祈る千羽鶴などを飾ってみては。折り紙で作ったくずかごに紙くずを入れて飾ると、物を粗末にしない心も育めます。

そして七夕の夜には外に出て、夜空を見上げてみましょう。東の空の天の川に輝く琴座のベガ(織姫)、鷲座のアルタイル(彦星)、白鳥座のデネブ、七夕伝説をあらわす「夏の大三角形」は、明るい都会の空でも見えるかもしれません。
旧暦の7月7日は今の8月中旬にあたります。本来の季節感を大切に、今でも七夕まつりを8月に行うところもあります。雨の心配も少なく星もきれいにみえるので、もし7月7日が雨になってしまったら、8月に再チャレンジしてみてもいいですね。

子どもに教えたい、七夕の伝説


天の神様には、はた織りの上手な織姫という娘がいました。年頃になった織姫は働き者の牛使いの彦星と結婚しましたが、なかよく遊んでばかりでふたりはまったく仕事をしなくなってしまいました。怒った天の神様はふたりを天の川の両側に別れさせてしまいましたが、今度は悲しむばかりで働こうとしません。そこで仕事にはげむことを条件に、年に一度、七夕の夜にだけカササギに乗って再会することをゆるされたのです。

この伝説から、物事の上達を願うお祭りとして始まったのが七夕です。
行事の意味がわかると、短冊に何を書くのか楽しみになりますね。
子どもに伝えたい 春夏秋冬
和の行事を楽しむ絵本

お正月やひな祭り、お花見、お盆、お祭りなど、季節の行事を親子でいっしょに楽しみながら学べる絵本。
五色の短冊の意味や七夕飾りの作り方、七夕に食べるそうめんの由来など、行事を子育てに役立てるためのコツを豊富なイラストで楽しく紹介しています。


公開日:2014年06月27日

Navigator 【監修】三浦康子

和文化研究家、ライフコーディネーター。
わかりやすい解説と洒落た提案が支持され、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、ウェブ、講演、商品企画などで活躍中。様々な文化プロジェクトに携わり、子育て世代に「行事育」を提唱している。著書、監修書多数。

←行事/パーティー のトップへ

そのほかの記事