TOP > 行事/パーティー > 【1月】楽しいね!お正月の遊び

行事/パーティー

【1月】楽しいね!お正月の遊び

昔ながらの遊びには福を招くものがいっぱいあります。
家族や親戚が集まったときはもちろん、親子でのんびり楽しんでみましょう。

凧あげ


凧は中国から占いや戦いの道具として伝わりましたが、江戸時代に男の子の誕生を祝い、凧あげをして成長を祈るようになり、庶民の遊びとして広がっていきました。
高くあがるほど願い事が天に届き、元気に育つといわれています。

こままわし


奈良時代に朝鮮半島の高麗(俗称こま)から伝わったので「こま」といい「独楽」の字をあてるようになりました。
物事が円満にまわるに通じて縁起がよく、うまく回ると子どもが早く独り立ちできるといわれています。

羽根つき


室町時代に中国から伝わり、邪気払いをするために羽根つきをしていました。
羽のムクロジの実は「無患子」と書いて子どもが患わないとされ、羽が病気を運ぶ蚊の天敵トンボに似ているので、1年の厄を払いのけ、健やかな成長を祈ります。
打ち損じると顔に墨をぬるのも、魔よけのおまじないです。
女の子の初正月に羽子板を贈る風習もあります。

福笑い


目かくしをして、目・鼻・口などをおいていき、できあがった顔を笑って楽しみます。
「笑う門には福来る」と縁起がよいので、お正月にふさわしい遊びとなりました。


いろはがるた


子どもが遊びながら字やことわざを覚えられるようにと江戸時代後期に、考案されました。同じ「い」でも江戸では「犬も歩けば棒にあたる」、京都では「一寸先は闇」というように、地域によって内容が異なります。

すごろく


サイコロを振り、出た目の数だけ進むゲーム。新年の運試しになります。
子どもに伝えたい 春夏秋冬
和の行事を楽しむ絵本

お正月やひな祭り、お花見、お盆、お祭りなど、季節の行事を親子でいっしょに楽しみながら学べる絵本。
お正月の風習や冬の行事などについても楽しくご紹介しています。


公開日:2015年01月02日

Navigator 【監修】三浦康子

和文化研究家、ライフコーディネーター。
わかりやすい解説と洒落た提案が支持され、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、ウェブ、講演、商品企画などで活躍中。様々な文化プロジェクトに携わり、子育て世代に「行事育」を提唱している。著書、監修書多数。

←行事/パーティー のトップへ

そのほかの記事