TOP > お母さんのこと > お受験する、しない?教育プランを考えよう

お母さんのこと

お受験する、しない?教育プランを考えよう

子どもの教育費、いったいどのくらいかかるのでしょうか。
以下を参考に、実際に自分の子どもの教育プランについて考えてみましょう。

教育費のめやすはズバリ、これくらい!



幼稚園(3年間)
私立:約161万円
公立:約66万円

小学校(6年間)
私立:約881万円
公立:約182万円

中学校(3年間)
私立:約384万円
公立:約138万円

高校(全日制)
私立:約276万円
公立:約118万円

大学/文系・昼間部(4年間・自宅通い)
私立:約735万円
公立:約514万円

総額
私立:約2,437万円
公立:約1,018万円

子どもに受けさせたい教育をイメージしてみましょう



子どもに受けさせたい教育をイメージしながら、教育費を計算してみてください。
私立と公立で大きく差がでる教育費。お受験は慎重に計画しましょう。

STEP UP



小学校入学前までは比較的お金を貯められる時期です。子どもが産まれたらなるべく早いうちに準備を始めましょう。現金を貯めるのもひとつの方法ですが、学資保険には親に万が一のことがあった際の保険機能を付加できるものがあります。自分に合った教育費の準備の仕方を検討しましょう。
<幼稚園~高校>
費用は、入学金のほか、施設設備費、学校教育費、学校給食費、学校外活動費(家庭内学習費、学習塾費、スポーツ・文化活動経費)等の合計金額です。
出典:文部科学省「22年度 子どもの学習費調査」「平成22年度 私立高等学校等の生徒等納付金平均額」をもとに株式会社エグゼクティブコンシェルジュ試算。
<大学>
費用は、入学料・授業料のほか、その他の学校納付金、施設設備費、修学費、課外活動費、通学費、食費、娯楽・嗜好費、保健衛生費、その他の日常費等です。
出典:文部科学省「平成23年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額調査」「 文部科学省令(国立大学等の授業料その他の費用に関する省令)」、 独立行政法人日本学生支援機構「平成22年度学生生活調査」、日本政策金融公庫(国民生活事業)「平成24年度教育費負担の実態調査結果(国の教育ローン利用勤務者世帯)」をもとに株式会社エグゼクティブコンシェルジュ試算。



無料保険相談のお問い合わせ・お申し込みは
ほけんの時間

自宅や近くのカフェまでファイナンシャルプランナーが出張してくれるサービス。
小さなお子さんがいても安心です♪

フリーダイヤル:0120-700-367
受付時間9~21時(土日祝も可)
公開日:2014年07月23日

Navigator 野原 千春

株式会社エグゼクティブコンシェルジュ代表取締役。
大手保険会社勤務を経て、24歳で独立起業、ファイナンシャルプランナー歴15年。

←お母さんのこと のトップへ

そのほかの記事