TOP > お母さんのこと > Glam エディターインチーフ 幸田さんの【長い一日】

お母さんのこと

Glam エディターインチーフ 幸田さんの【長い一日】

太陽のようなママにだって、イライラしたり疲れたりそんな「長い一日」があって当たり前。活躍中のママたちに、そんな長い一日の乗り切り方をうかがいます!

今回、「長い一日」のエピソードを明かしてくださるのは…
Glam エディターインチーフ 幸田絵美さんです。

◆プロフィール◆


総合情報サイトall aboutの営業を経て、自身が好きなファッション・ビューティに特化したサービスで仕事をしていきたいと女性向け広告メディア「Glam」へ。
2013年9月に双子を出産後、2014年4月に仕事復帰。エディターインチーフとして活躍中。

■幸田さんにも「長い一日」ってありますか?


ママになったんだからがんばらなきゃと思って、自分で自分を辛くしてしまったことも。
生後しばらくは「授乳は3時間おき」といいますが、双子の赤ちゃんそれぞれお腹をすかせて泣くタイミング違うので、大変でした。
1人にミルクをあげて、げっぷをさせて、オムツを変えて…終わったと思ったらすぐにもう1人が泣きだして。産後1ヶ月は本当に寝られませんでした。

里帰りしていたのですが、「ママになったんだから赤ちゃんのことは自分でやらなきゃ」という気持ちがあって、今思うと自分で自分を辛くしてしまっていた部分もあったかもしれません。

でも、1ヶ月健診で助産師さんから「おっぱいをあげるだけでも大変なんだから、家族に手伝ってもらっていいんだよ」と励ましてもらって。それから家族にも赤ちゃんのことを頼めるようになって、少しラクになりました。

双子はお散歩も大変!産後は家にこもりがちに・・・
実家から戻ってからは、1日中ずーっと赤ちゃんと家の中で過ごすことが多くて、辛かったですね。生後3~4ヶ月のころ、夕方にたそがれ泣きをするようになったんです。
3~4ヶ月って、赤ちゃんはもういろいろなことが分かってきていて、気持ちはあるけどまだ自分で体を動かせない、そんな時期。それがもどかしくて泣いているのかなあって思うんですが、双子だとちょっと気分転換にお散歩に連れていくのも大変なんです。
双子用のベビーカーは持っていますが、ふたり一緒にきげんよくベビーカーに乗ってくれるタイミングがまずなかなかないし、幅があるのでスーパーのレジとか通れないところも意外と多くて。もし出先で困ったらと思うと怖くて、赤ちゃんと私1人で外出したことは数えるほどしかありません。
熱を出した時には、赤ちゃん2人をエルゴ2つでだっことおんぶして、エレベーターのないビルの2階にある小児科まで連れて行ったこともありますが(笑)

でも、ふだんは家で赤ちゃんと私1人。母親として何ができるのか、どうしてあげたらいいのかと気持ちが落ち込んだこともありました。

出産前は、ママって子どもといるだけで100%楽しいはずと思っていたんですね。
でも、実際には自分の時間はゼロ。生まれて初めての経験で大変でしたけど、ママなんだからがまんしなきゃと思っていました。


■そんな時、どう乗り切った?


双子を同じ保育園に入れるのは1歳からでは難しいだろうと、0歳の4月から預けて仕事復帰しました。覚悟はしていましたが、熱をだしたり風邪をひいたりすることはしょっちゅうです。1人の体調が悪くなるとたいていもう1人にも移るので、毎日のように保育園から呼び出しが続くことも。そんな時は母に電話してヘルプを求めることもあります。
実は今も母に子どもを見てもらっていて、今週まともに出勤できたのは今日が初めて(笑)
仕事をしながらの子育ては大変なこともありますが、仕事を再開したことで、1人で抱え込まないようになれた部分があるかもしれません。

■イライラや疲れをためないコツはある?


結婚式に招待されて出かけたのをきっかけに、時々週末に子どもをパパに預けて、1人で出かけます。といってもしょっちゅうではなく、ほんの時々、今までに数えるほどですけど。
美容院にいったり、洋服を買ったり、もともと自分が好きだったことができて、自分のための時間が持てると気持ちが明るくなります。
最近は、子育てで疲れているのを見て、パパから出かけてきたらって言ってくれることも。感謝しています。

■ほっとした・元気をくれたものを教えて


まだまだ子どもが小さくて手がかかるので、なかなか自分の時間はつくれません。
でも、子どもがきげんよく遊んでいるときなんかに短い動画を撮っておいて、スマホの「ロードムービー」というアプリで加工して楽しんでいます。短い動画をつなげて、BGMもつけられて、いいかんじにまとめてくれるんですよ。
子どものきげんが悪かった日とか、「ああ、今日は子育て疲れたなあ!」という時に見ると、子どもの成長に気づいたり、かわいさを思い出したりして、元気になれます。
>>ロードムービー 
公開日:2017年02月05日

Navigator 山見美穂子

Ca-sun・ニンプス編集部所属。3児の母。

←お母さんのこと のトップへ

そのほかの記事