TOP > お母さんのこと > 「WELEDA(ヴェレダ)」PR 青木浩子さん

お母さんのこと

「WELEDA(ヴェレダ)」PR 青木浩子さん

太陽のようなママにだって、イライラしたり疲れたりそんな「長い一日」があって当たり前。
活躍中のママたちに、そんな長い一日の乗り切り方をうかがう「Ca-sunの長い一日」、記念すべき初回のゲストは

オーガニックコスメ「WELEDA(ヴェレダ)」PR 青木浩子さんです。

◆プロフィール◆


2013年3月に第1子となる男の子を出産。オーガニックコスメをこよなく愛し、ママ&ベビーラインの豊富なWELEDAで妊娠・出産経験を活かして仕事を続けたいと、産後2ヶ月で仕事復帰。現在、保育園待機中のため平日は実父母にお子さんを預け、実家で生活。残業&出張の多い夫とは週末婚で子育てと仕事に奮闘中。


青木さんにも「長い一日」ってありますか?


逆子が治らず、帝王切開での出産でした。産後2~3日は麻酔も残っていてベッドから起きられず、母乳をあげることができなかったんです。スタートが遅れたので、特に入院中は不安でした。病室で赤ちゃんと2人きりのときは、母乳のことばかり考えてしまって。
ヴェレダのマザーズティーを飲んだり、退院後は地元の助産院に週3日通って、マッサージやアドバイスをしてもらってがんばったんですよ。

つらかったのは、退院後、仕事に復帰する前だから2ヶ月頃かな、どうしても赤ちゃんが泣きやまないときがありました。おっぱいをあげてもダメ、おむつを替えてもダメ、思いつくことは全部試したけどダメ。赤ちゃんと2人きりのときだったので、これ以上どうしていいのか分からず私も気持ちが追い詰められてしまって…つらかったな。


そんな時、どう乗り切った?


家の中にいたら煮詰まってしまうと思って、お散歩に出かけたんです。そうしたら赤ちゃんも気持ちが変わったのか、いつの間にか泣きやんで。それからは、泣きやまないときはスニーカーを履いてウォーキングに行きます。この子のために自分の時間や何かを犠牲にしていると思わないように、赤ちゃんにとってはお散歩だけど、私にとってはウォーキング。


イライラや疲れをためないコツはある?


とても助かったのが、仕事を通して知ったドイツ流の夜泣き対策
「赤ちゃんのいる部屋でTVをつけない」「夜の授乳は薄闇の中で行い、寝ている赤ちゃんに光を当てない」などを実践したら、なんと生後2ヶ月から23時~5時まで6時間眠ってくれるように!
ドイツ流の夜泣き対策について詳しく知りたい方は、青木さんのブログで>>
※すべての赤ちゃんに効くとは限りません


ほっとした・元気をくれたものを教えて


サロンでのヘアエステ!産後はホルモンの影響でトラブルもいろいろありますよね。実は私は産後の抜け毛がとても多くて、ショックでした。そんな時に頼ったのが、サロンでの毛髪診断とスカルプケアです。

青木さんが駆け込んだのは、女性誌などでも活躍中の毛髪診断士、美香さんのサロン「AMATA」

カウンセリングで赤ちゃんのお世話のために後回しになっていた自分へのケア不足が発覚!産後脱毛への正しいケアも教えてもらいました。上半身のボディマッサージも受けられて、心までリフレッシュ♪
小さな赤ちゃんがいると、外に出かけにくいものですよね。でも、ひとりで悩むのはつらいもの。思い切って赤ちゃんを預けてでも、プロの力を借りてよかったと感じました。
結果、産後脱毛の悩みは早々に解決しつつあります。


AMATA
スカルプ&セミボディ エステ“ドラマ”(120分) ¥14700
毛髪診断士の監修のもと、スカルプ+セミボディ(首・肩・指先まで)のトリートメントが受けられるヘアエステ。※価格は2014年1月現在のものです。

公開日:2017年02月05日

Navigator 山見美穂子

Ca-sun・ニンプス編集部所属。3児の母。

←お母さんのこと のトップへ

そのほかの記事