TOP > 赤ちゃんのこと > 「ママ友付き合い」疲れの処方箋。お近づきチョコレートのススメ

赤ちゃんのこと

「ママ友付き合い」疲れの処方箋。お近づきチョコレートのススメ

「好かれるための5つの方法」
「ママ友のなかで悪口を言われているようです……」
「新しい先生と、うまくコミュニケーションが取れません」
新シーズン到来。新しいママ友や、先生との出会いがあり、人付き合いに悩まれている方も多いのでは? ウェブから本から、たくさんの人付き合いコンテンツがあります。

友達100人できるかな? ではないですが、友達が多いことやみんなと仲良くすることは奨励され続けてきました。また、親になれば親同士の付き合いが子ども同士の関係に影響するからと、無理のある関係を続けようとしてしまうこともあるでしょう。

でも、無理をしてまで仲良くする必要はあるのでしょうか。

ないですね。この「無理」がストレスになり、悩みとなり、人間関係の軋轢の原因なのですから。

「いやいやいや、そんなふうに割り切れません」「とはいえ、どーしても、その課題に取り組みたい!」というのであれば、自分のことを理解してくれるよう求めたり、相手を意のままに変えようとしたりせず、まずはカカオ含有率の高いチョコレートをひとかけら口に含みましょう。緊張も空腹も和らぐので、相手のちょっとした素敵なところを見付け、チョコレートのようになめらかでほんのり甘くて気の利いたことばが出てくるかもしれません。


私もこのチョコレートの魔法をよく使うので、様々なショコラティエを訪ね歩いています。幾つかオススメをお伝えしますね。

◆Minimal http://mini-mal.tokyo/
Minimal(ミニマル)は、世界中から品質の良いカカオ豆を選び抜いて仕入れ、自社工房でカカオ豆から板チョコレートができるまでの全工程(選別・焙煎・摩砕・調合・成形)を管理し、製造する“Bean to Bar Chocolate”専門店です。

◆カカオサンパカ http://www.cacaosampaka.jp/
スペイン王室御用達のショコラテリア。カカオの産地にも工場をもつネダーランド社をマザーカンパニーとするカカオサンパカでは、 カカオ豆の選別から製造にいたるまで全工程を管理することができ、他では取扱いの難しい非常に希少な品種のカカオ豆を含め、多様なチョコレート製品を提供しています。

◆ピープル・ツリー http://www.peopletree.co.jp/choco/
実はチョコレートの生産は、子どもも巻き込んだ厳しい労働環境の上に成り立っていることがあります。ピープル・ツリーのチョコレートは、その味や可愛いパッケージデザインもさることながら、つくり手を支援するフェアトレード・チョコレートとして強いブランドです。
乳化剤などの添加物を一切使わず、温度にデリケートなカカオバターを贅沢に使っているので、冬季限定の販売です。
※在庫が残り少なくなっていますので、品切れの際はご了承ください
公開日:2015年04月10日

Navigator 中村桃子

絵本や児童書の編集者、webプロデューサーを経て、現在、フリーランスプロデューサー。

←赤ちゃんのこと のトップへ

そのほかの記事