TOP > 赤ちゃんのこと > 独身と遊ばせる

赤ちゃんのこと

独身と遊ばせる

独身と遊ばせる



こどもの世界を手軽にお金をかけずに広げるいちばん早い方法は、カーサンやトーサン以外の大人と遊ばせてみることです。

カーサン(もしくはトーサン)のカーサン(もしくはトーサン)。
つまり祖父母
という選択肢はごく一般的ですが、ここでひとつご提案。

カーサンやトーサンの「友達(※こどもを持たない)」

を、こどもに会わせてみるのはいかがでしょうか。そして、カーサンやトーサンはちょっと遠巻きに見守るのです。普段、こどもになれない友達とこどもの真剣勝負のはじまりです。どちらが上手に遊びに巻き込めるでしょうか。

「友達」は加減を知らず、大人の刺激になれないこどもは熱を出すかもしれませんが、知恵熱覚悟で遊ばせるのも悪くはないです。

なぜこのような提案をするのか。

ももさんは独身です。そして、「こどもが好き」というわけではありません(嫌いでもありません)。それでも、こどもと遊ぶことは楽しいと思えます。自分より地球に慣れていないひとりの人間とのやりとりは、こちらにも知恵熱寸前の刺激をもたらします。


こどもにとっては、自分の意思がいつもよりは通じないほどよい緊張感と、カーサンやトーサンが教えてくれる世界とは違う世界に触れるきっかけになるかもしれません。もしかしたら、「友達」とこどものあいだに友情が芽生え、カーさんとトーサンとのやりとりが難しいときに、代わりにこどもを導いてくれることもあるかもしれません。

なによりカーサンとトーサンにとって、「友達」の見たことのない顔を見る、またとないチャンスでもあります。これが結構、面白い。はず。

ママコミュ、イクメンの仮面から離れて会話ができる機会でもあります。

ここはひとつ、独身で楽しむことが上手な友達を振りまわしましょう。さあさあ、「友達」に連絡して下さい!
公開日:2014年01月22日

Navigator 中村桃子

絵本や児童書の編集者、webプロデューサーを経て、現在、フリーランスプロデューサー。

←赤ちゃんのこと のトップへ

そのほかの記事