TOP > 赤ちゃんのこと > 子どもにわかりやすい、クリスマスの絵本

赤ちゃんのこと

子どもにわかりやすい、クリスマスの絵本

あらすじ…クリスマスの本当の意味を子どもたちに伝えたい、という著者の思いから生まれた絵本。クリスマスってどうしてお祝いするの?そんな子どもたちの問いにやさしく答えます。(Amazonより)

「クリスマスの意味を、小さな子にわかりやすく伝えたい」
そんなママの味方になってくれる絵本です



「クリスマスの時期が近づくと、なにかクリスマスの本を読んであげたいといろいろ探すのですが、小さい子たちに読めるような本は、なかなか見つかりません。何かおすすめはありますか?」
という相談をよく受けます。

たしかにクリスマスの絵本は、宗教色が強く内容が難しかったり、お話が込み入っていて文が長かったりで、幼児に読んであげられるものは、ちょっと見つかりません。
かといって、ケーキ、プレゼント、サンタさんばかりでは、少々物足りない気がしますし。

この本は、幼児向けにクリスマスの意味をわかりやすく書いてある数少ない本といっていいでしょう。
明るくはっきりした色合いの、遠くからでもよく見える切り絵です。
赤のバックに、緑のモミの木、黄色は星やリボン、服などふんだんに使われていて、キラキラ輝く、明るい喜びに満ちたクリスマスの雰囲気を演出しています。
動物や花や木、お星さまや雲、地上のあらゆるものがイエス様のお誕生を祝福しています。天使を始め子どもたちの表情が穏やかで、喜びにあふれて、クリスマスはイエス様のお誕生をお祝いする日であるという本来の意味をきちんと伝えています。
どうぞ、すべての子どもたちが喜びに満ちた、幸せなクリスマスを迎えられますように!

『クリスマスおめでとう』
ひぐちみちこ こぐま社刊 1997年11月
¥1296(税込)
公開日:2015年12月08日

Navigator 加藤美穂子

JPIC(財)出版文化産業振興財団読書アドバイザー。絵本の楽しみや読み聞かせの大切さを伝える。

←赤ちゃんのこと のトップへ

そのほかの記事