TOP > 赤ちゃんのこと > 赤ちゃんには分かる、ふしぎな世界 『もこ もこもこ』

赤ちゃんのこと

赤ちゃんには分かる、ふしぎな世界 『もこ もこもこ』

あらすじ…「しーん」とした世界に「もこもこ」「にょきにょき」とふしぎなものがあらわれて・・・。詩人と異色の画家がおりなすふしぎでおかしな世界。

ちょっと大げさに抑揚をつけて



得体の知れない色鮮やかな絵。文字は、もこもこ、にょきっ・・・音だけしかでてこない。うーん、一体どうやって読めば・・・?あらっ、でも、ちょっと表紙をよく見てみて。
「こ」の字だけちょっと上のほうに印刷してありますよ。だからこの字を、高い音で強調して読んでみては?文中の「しーん」はひたすら静かに、「ふんわふんわ」は思いっきり軽やかに。つまりちょっと大げさな感じにね。

赤ちゃんのやわらかな感性は、この絵本の世界を丸ごと受け止め、楽しみ、笑ってくれます。理屈で解釈する大人は、何がなんだかよくわかりませんが、大人がとうに失ってしまった能力が、赤ちゃんには確かにあるようです。

ふだんの生活の中でも、おもしろい音を見つけて、デタラメな言葉で赤ちゃんと遊んでみません?
楽しめばいいんですよ。
赤ちゃんがいてこそできる体験ですもの。

『もこ もこもこ』


谷川 俊太郎 作/元永 定正 絵/文研出版 1,365円(税込)

>>お求めは、絵本クラブで!今ならCa-sun読者にプレゼントも♪
公開日:2014年03月17日

Navigator 加藤美穂子

JPIC(財)出版文化産業振興財団読書アドバイザー。絵本の楽しみや読み聞かせの大切さを伝える。

←赤ちゃんのこと のトップへ

そのほかの記事